第一種電気工事士免状・第二種電気工事士免状

第一種電気工事士免状手続きの流れ・説明書類

第1種電気工事士試験に合格した者又は高圧電気工事士・電気主任技術者の免状取得者であって一定の要件を満たしていると認定された者が、電気工事士免状を取得するための申請(長崎県内で住民登録されている方)。
但し、電気工事士法第4条第5項に該当する場合は、免状交付を行わない場合がある。

〈 手続きの流れ 〉

1 実務経験証明書の事前審査(FAXによる提出可)
提出先:長崎県電気工事業工業組合 FAX番号095−862-1337
2 申請書を提出(簡易書留による提出可)
提出先:長崎県電気工事業工業組合 〒852-8016 長崎市宝栄町23-23
3 審査、免状作成
4 申請者に免状交付

提出書類

□ 電気工事士免状交付申請書
□ 住民票
□ 実務経験証明書(雇用主による実務経験の証明書)
  (※実務経験及びその期間等参照)
□ 写真2枚(申請書提出前6月以内に撮影した縦4cm、横3cmのもので、裏面に氏名を記入)
□ 申請手数料: 6,000円(長崎県収入証紙)※令和元年10月01日から
手数料は長崎県収入証紙にて受付けております。(現金は不可)
※長崎県電気工事業工業組合では販売を行っておりませんのでご注意ください。
□ 免状を受ける資格によって異なる添付書類
(1)試験合格者
・合格通知書
・第2種電気工事士免状の写し
(2)認定された者
・高圧電気工事士免状の写し、又は、電気主任技術者免状の写し


※電気工事士免状申請について
必要な書類に関しましては、下記項目よりダウンロード頂き
ご確認いただきます様お願いいたします。

手数料について

手数料は長崎県収入証紙にて受付けております。(現金不可)
証紙は長崎県庁内及び県内の警察署・保健所内等で販売されています。(収入印紙ではありませんので、ご注意ください)
※長崎県電気工事業工業組合では販売を行っておりませんのでご注意ください。
◎免状「交付」申請(第一種)・・・6,000円(長崎県収入証紙)※令和元年10月01日から
◎免状「交付」申請(第二種)・・・5,300円(長崎県収入証紙)※令和元年10月01日から
◎免状「再交付」申請(第一種・第二種共通)・・・2,700円(長崎県収入証紙)※令和元年10月01日から
◎免状「書換」申請(第一種・第二種共通)・・・2,100円(長崎県収入証紙)※令和元年10月01日から

手続き用紙ダウンロード